超簡単!マイナポイントをもらおう。

こんばんは🌙

週末のブログは、FPからちょっと離れてざっくばらんに。

ということで、今日は「マイナポイント」について。(マイナンバーカードの取得や活用についめてはまた後日まとめます。)

ちなみにこの記事は、僕の実家の父母(60代後半)でも理解できるように、また、ITにあまり詳しくない人でも高齢の両親をサポートできるように細かい部分は飛ばして書いてます。

ぜひこのページを見ながらご両親のマイナポイント取得をお手伝いして親孝行してあげてくださいね(^^)

1.マイナポイントとは?

まずマイナポイントについて。

超簡単にいうと、「マイナンバーカード持ってる人にSuicaとかの電子決済サービスで使えるポイントを最大5,000円分あげちゃうよ」という総務省の施策。

4人家族なら最大2万円分なので、これはけっこうデカい。

で、一番分かりやすいのは、やっぱり「胴元」の総務省のこの動画↓

まずはこれを見ましょう。

この数分の動画すら見るのがめんどくさいという人は、たぶんマイナポイントをもらうのは無理ですw

2.事前準備

さておき、マイナポイントを簡単にもらうために必要なのは以下の3点。

  1. スマホ→自分のスマホで両親の手続きもまとめてできます。iPhone7以降か”おサイフケータイ”機能つきAndroidが必要。
  2. マイナンバーカード
  3. 電子決済サービスのICカード→高齢者には事前準備の要らないセブンイレブンのnanacoが簡単でオススメです。

まずはこの3点を手元に置いてから次に進みます。

3.マイキーIDの取得

次にするのは「マイキーID」の取得です。

「マイキーID」は簡単に言うと、”インターネット上でマイナンバーの代わりに入力するID”のこと。(インターネット上にマイナンバーを直接入力するのはセキュリティ的にさすがにヤバいのでw)

マイキーIDの取得は、スマホにアプリをダウンロードするところから始まります。

iPhoneの人は「マイナポイント」アプリ、Androidの人はこれに加えて、「JPKI利用者ソフト」も必要になります。

そして、アプリのダウンロードができたら、この総務省の動画を落ち着いて見てみましょう♨️

4.マイナポイントの申し込み

“マイナポイントの申し込み”とは、つまり「マイナポイントをどの電子決済サービスと紐づけるか決める」ということです。

これも「マイナポイントアプリ」から行います。

が、まだ決めなくてOK🙆‍♂️今(2020年7月現在)申し込んでも、実際にマイナポイントが使えるのは9月以降。それに一度決めた電子決済サービスは変えられないので。。

なので、これ以降の手順は8月後半になったら追記します。今日はここまで。

ひとまずまだ手元にマイナンバーカードがない方は、作っておきましょう。

マイナンバーカードをどうやって作ればいいか分からない方や、ご両親をサポートしたい方がいらっしゃいましたら、遠慮なくご相談下さいね😊

have a nice weekend✨

自分で決める。

こんばんは🌙

昨日は3ヶ月ぶりのみやま麻辣鍋!!

今回のメンバーはブレイスのジャイ社長と、OKCLUBのユースケ社長と、中小企業診断士の延島先生(高校の同級生)👍

3人とも僕の大好きなクライアントで、自分の信じた道を突き進んでいる経営者😊

延島先生をユースケ社長にお引き合わせしてから1年ちょっとですが、着実に経営は右肩上がり👍

だから今回はジャイ社長にもぜひ会っていただきたかったわけです😊

ちなみにジャイ社長とユースケ社長を最初にお引き合わせした時もみやまの麻辣鍋!

固い話は抜きにして、、、コロナで色々と大変であろう経営者の皆さんも、この鍋の前では笑顔にならざるを得ない🤣

みやまは僕が大好きな人同士を繋げて何かしらの面白い化学反応が生まれる場!!本当に最高!!

さて、話は変わって読書。

今日この本買いました↓

必読の名著と言われ、20年以上も売れ続けている本ですが、自分でもなぜ今まで読まなかったのか不思議なくらい。。。

それがこの記事↓をきっかけに、今回の購入となりました。

この講義の主旨は、高度に資本主義・自由主義・民主主義が発達したこの世界で「自分で決める」ことが生き残るために超重要だということ。

(このことを約3分でものすごく分かりやすく解説してくれてますのでぜひ一読してみてください。)

これってライフプランにめちゃくちゃ通ずるところがあって、僕にはめちゃくちゃ刺さりました。

例えば金融商品を決める時、確固たる自分のライフプランを持ってない人は、他の人や商品と比較したりするんです。

「他の人(他の会社の経営者)はみんなどんな商品を選んでいるんですか??」

とか、

「一番お得な商品はなんですか??」

とか。。。

そういうこと聞いてくる人は、自分で決められない、つまり自分の中に確固たる拠り所がないからそういうことを言うわけです。

ライフプランを持つことの一番のメリットは、自分の意志が明確になり、何の制約もなく様々な選択肢から自分に完璧に合ったものを選べる自由を得られることだと思います。

金融商品選びはもちろん、普段の行動・言動にまで自分の意志が反映されるようになります。人にどう思われようがどうでも良くなります。

ということで、自分の人生を自分のものにするために、ぜひライフプラン作りをご一緒させてください✨

えっ、しつこい!??クレームは受けませんwww

良い週末を✨僕はしっかり仕事を休んで家族と自分のために過ごします。

Have a nice day〜✨

記憶から記録へ。

こんばんは🌙今日は文字多めですが、FPとして大事なことを書きました。

いやー久々にやらかしました。。。

iPhoneを手帳がわりにしてから10年以上経ちますが、数年に一度こういうのがあります。

でももう41歳のおっさん、、、年には勝てませんwww

まあそもそも幼い頃から短期記憶の脳ミソが明らかに欠損してることには気づいていました。。。

目の前に来た熱々の肉に記憶を上書きされることなど日常茶飯事。。。

でもそんな僕の短所は、早くから徹底的に外部記憶装置に頼る習慣を身につけたことで、FPとしてはこれ以上ない長所になっています。

例えば生命保険は、ライフプランに合わせたベストなタイミングで「保障の増額/減額」や「払い済み」などの機能を活用することで、クライアントに大きな利益をもたらします。

住宅ローンもライフプランに合わせたベストなタイミングでベストな額を繰り上げ返済することで、クライアントは大きな利益を受け取れます。

ただこれをするには「なぜそのプランにしたのか?」覚えておくことはもちろん、数年先、いや数十年先のタスクリストまで覚えておかなくてはなりません。

「15年後に長男が私大に行きたいと言った時は、経済情勢に合わせてNISAのうち株式型と債権型のうち有利なほうを使って、次男が留学に行きたいと言ったら残りのNISAと保険の積立金のうちどちらか半分だけ使って死亡保障はそのままに、、、」なんていう金融商品の活用法は、長期的に伴走するFP担当者がいないと絶対無理🙅‍♂️

FPは長期的なお付き合いが前提になることから、人力ではとうてい不可能な記憶領域が求められるわけです。

僕は短期記憶が欠損してるおかげで、早い段階からこれをしっかりデータとして「記録」しててきました。「記憶」に甘えなかったわけです。

そして今後、僕の脳みそがさらに衰えても、クライアントの皆様を完璧に保全できるように、このデータを普遍的で分かりやすいものに整備していきたいと思っています。

保険業界は離職率が多いし、銀行も証券会社も転勤が多い。でも担当者が離職したら、こうした目に見えない「想いの引き継ぎ」なんてほとんど行われません。また契約したら一切連絡してこない担当者も同じこと。

こうした契約は、将来せいぜい満期を待つばかりで何の活用もできず死んだも同然😭

だからこそ金融商品はプランを探すのではなく、まず長く続けて保全してくれるFPを探すことが結局お得になります。

ここにいますよ!!

ここです、ここ!!🤣🤣🤣

せっかくの動画なので頻繁に使いますがクレームは受け付けません!!笑

担当者がいない生命保険や証券の契約をお持ちの方、また契約してから全く連絡のない担当者から生命保険に加入した方、、、

まずはオンラインでご相談をお受けしますので、お気軽にメッセージ下さい😊

あなたの契約、無駄にせずしっかり活かしますよ!

Have a nice day〜✨

奇跡の自己紹介動画完成しました!

こんばんは🌙

FPもりやを周りの友達や家族に紹介したくてしたくてしょうがない!クライアントの皆さんお願いです!!

とお困りの皆様!紹介がないと餓死にします!

大変お待たせしました!そこのあなたですよ!!

奇跡的に!所属会社が僕の政見放送自己紹介動画を作ってくれました😆

奇跡的!?なんだ、大したことないじゃないか。

そう思った方がほとんどかもしれませんが、業界で言えばこれは結構すごいことなんです。

僕らは金融庁の監督下にあり、一挙手一頭足が監視下にあります🐷

それもこれも生命保険業界はコンプライアンスを守れない人や組織がめちゃくちゃ多いから。。。

なにせ、現在の「保険業法」ができる前は「保険募集取締法」でしたからね😅

◯◯取締法とか、、、もう大麻か覚醒剤くらいでしょwww

そんなわけで、いくら国家資格のFPを持っているとはいえ、僕みたいな一社専属の保険募集人が「iDeCoやNISAまで相談に乗れる」と堂々と公言できたことが、本当に「奇跡」だなと思います😊

会社にも金融庁にも感謝感謝!

時代は明らかに確実に変わってきています。

オフィスはオンラインとオフラインのハイブリッドになりました。。。

男性が仕事を休んで育児することも当たり前の世の中になってきました。。。

成年後見人制度から家族信託への流れもできつつあります。。。

都知事選も昔はこんなんでした。。。

故・内田裕也氏これぞ「奇跡の」政見放送

法律や制度や環境もどんどん変わりますが、その変化をクライアントの皆さんがきちんとメリットとして享受できるように、日々様々なことにチャレンジしていきたいと思います✨

Have a nice day〜✨

まずは正確な現状把握から。

おはようございまーす☀️

今日も日経新聞の一面から。

マネーフォワードは最大手の家計簿アプリで、僕自身も使ってるし、クライアントにもお勧めして一緒に家計チェックをしています。

ほとんどの金融機関・カード・電子マネーと連携できるので、現金さえ使わなければ勝手に家計簿ができていきます✨

一般的にプロジェクト実行までの一連の流れは、「正確な現状把握」→「問題点の抽出」→「目的の定義」→「目標決定」→「実行計画の立案」→「実行」。

とにもかくにも「正確な現状把握」がないと何も始まりません😅

ライフプランにおいてもこれは全く同じ。理想の将来と現状にどれだけのギャップがあるのか、正確に金額を出すことで、金融商品選びがより意味のあるものになります。

これも↓正確な現状把握からですねー

P→D→C→Aを1週間ごとに回すと、達成できる目標はかなり増えそうです。

さ、明日から7月!経済も少しずつ回ってきました!

現状をきちんと把握して、1週間単位でいろいろな目標にチャレンジして、7月も満足度の高い1ヶ月にしていきたいと思います✨

Have a nice day〜✨

朝型で良かったこと。

こんばんは🌙

ブログを書くのは夕方になりましたが、早寝早起きは相変わらず継続中です。

僕自身は子供の時からDNAレベルで朝型生活なんですが、それを公言するようになったのはここ数年。

朝型(&脱アルコール)を公言して一番良かったのは、たくさんの健全な人とお付き合い頂けるようになったことです😊

例えば朝型の経営者の方とお話しすると、だいたいの方は”SDGs”や”健康経営”も当然の知識として会話をして頂けます。

いま世界的なSDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)17項目の大きな流れの中で、経済産業省が”健康経営”を推進しています。

(宣伝)ちなみに僕は東京商工会議所の健康経営アドバイザー資格を持っていますので、そこんとこホントよろしくお願いします!!

で、SDGsや健康経営を取り入れようとしている経営者さんは、中長期にわたって従業員を大切にすることに本気で取り組んでいる方々ばかり✨

僕が生業にしている生命保険も、中長期的にリスクをマネジメントするという合理的な判断ができる方にしか受け入れられない商品です。

突発的な将来の経済的なリスクに対し定額の保険料を払うことで、そのリスクがアンダーコントロールになるわけです。

会社を立ち上げてすぐはなかなか取り組むのが難しいと思いますが、SDGsも健康経営も生命保険も、”緊急性はないけれど重要性は高い”、一般的なタイムマネジメントで言うところのいわゆる第二象限の取り組み。

(株)みらいアーチ・コンサルティングHPより引用

朝型の人には、そういう”第二象限”の取り組みに時間を割くことの重要性を理解している人が多い気がします。

まあ、30代の時に経営者の方々との夜のお付き合いも散々してきて、それはそれでいい経験にはなりましたが😆

さて、健康経営の一環でもある↓このチャレンジも一区切りしました🐷

1週間と期間を決めたのでスタートしやすかったし、ゴールが間近に見えていたので継続が簡単でした👍

何より公言してTwitterに上げたことで、誰も見てなくても「見られているかもしれない」という緊張感があって、それが継続につながった気がします😆

明日はフツーに食べたいもの食べて、また明後日から1週間炭水化物抜きたいと思います!

自分の”ミー文字”作ってみましたw

Have a nice day〜✨

パソコンの話。

こんばんは🌙

週末ということで、FPの話題から少し離れて、テーマを絞ってざっくばらんにいきます。

今日はパソコンのお話。ちょっとマニアックになります🐷

先週、毎回楽しみにしているAppleのWWDC(Worldwide Developers Conference=世界開発者会議)2020がありました。


個人的には、コロナによる在宅ワーク対応のためもあり、一度は最新のMacBookAirを買い替えたのが5月上旬。

ところが、肝心のインカメラの性能が劇的に低く、無償返品期間中に返品したのでした。

そこへきて上記のWWDCの発表。

ここでは、CPUがこれまでのIntel製からApple自前のものになるという発表があったのでした。

僕の場合は買い替えの際になるべく性能が高くなるようにカスタマイズして、なるべく長い年月使うことを是としているので、今使っているMacBookも2013年購入で現役バリバリのcore i7機。

ARM系CPU搭載機を待っても全く問題ありません。

MacOS Xが約20年も基本構造を変えずにいてくれるので、何の不具合も不満もなく現役バリバリでいられる訳ですが、WindowsPCではこうはいかないでしょうね😅

次に購入するであろうARM系CPU搭載のMacは、廉価版のMacBookAir等で大幅に進化すると目されているようで、今から楽しみです。

さて、そんな中ではありますが、先日Windowsの中古PCを購入しました。

ThinkPadは個人向けに販売されておらず、法人のリース期間が終わった中古品が市場に出回る訳ですが、これは本当にお買い得!

ThinkPadの中でもXシリーズはフラッグシップ機になりますが、その中でもこのX260以降はHDMI対応。

なので、自宅の大画面TVに映したりするのがとても簡単🙆‍♂️これが家族のZoomなどでいかんなく効果を発揮します。